2015年12月09日

岐阜市の紅葉名所「大龍寺」 (花39)

2015年12月9日

今日も空が青かった。
それで、どこかへ紅葉を観に行こうと思った。

「そうだ、大龍寺へ行こう!」
岐阜市粟野の「だるま観音」で有名な金粟山大龍寺だ。
紅葉の名所でもある。

そこには、ドウダンツツジがたくさん植えてある。
春の花の季節も良いが、ドウダンツツジの紅葉も良い。

お堂の後ろの山には、濃い赤色の紅葉の帯があった。
終わりかけではあるが、青空とマッチして美しい景色を造っていた。

観に来て良かった。

PS
「ドウダンツツジの秋季拝観は終了しました。」と貼り紙がしてあった。













  


Posted by ふなチャン(Y)  at 18:46Comments(0)

2015年12月07日

岐阜市一番の紅葉名所「岐阜公園」 (花38)

2015年12月7日
今日は晴天。
「そうだ!岐阜公園へ行こう。」

岐阜市内で一番の紅葉名所といえば、観光名所でもある「岐阜公園」。
公園のあちこちが、紅葉(もみじ)の赤に染まっていた。
岐阜市民の誇れる紅葉名所である。

太陽に照らされ、赤色がとても鮮やかだ。
「来てみて良かった!」と思った。

中でも特に美しいのは、「信長の庭」周辺である。
池に紅葉が映り、「素晴らしいのなんの」なのである。

それから、「織田信長公居館跡」の紅葉も美しい。
青空に赤色が映えていた。

岐阜公園の紅葉の一番の見頃は、例年だと11月末だが、
今年は少し遅れていた。
この見頃は、今週中までかな?

PS
金華山ロープウェイは、12月7日~10日は点検のためお休み。
山上のリス村やリロちゃん、展望レストランもお休みである。

Gifu City














  


Posted by ふなチャン(Y)  at 18:23Comments(0)

2015年10月14日

「秋桜(コスモス)」岐阜市清本町 (花37)

「秋の花」と聞かれて、
最初に思い浮かぶのは秋桜(コスモス)かな。

濃淡のピンクや白色の花をあちこちで見ることができる。
出会うと、「おっ、ここにも咲いていたか。」とうれしくなる。

秋桜(コスモス)は、桜を大きくしたような花の形がきれいだ。
花の真ん中の黄色のアクセントがきれいだ。
そして、秋風にゆらゆら揺れる様がいい。

花の裏側から見ると、花びらが透けてみえる。
それもきれいだね。

最近は黄色の黄花コスモスもよく見かける。
この花は鮮やかすぎて好き嫌いがあるが、
私はその鮮やかさも好きだ。

写真は、清本町の河野善超寺の前に咲いていたコスモスである。
秋晴れの空が似合う花である。












  


Posted by ふなチャン(Y)  at 18:30Comments(0)

2015年10月08日

「秋明菊(シュウメイギク)」 岐阜市・鏡島弘法乙津寺 (花36)

「秋明菊(シュウメイギク)」に出会うのは、私の秋の楽しみの一つである。

しかし、残念ながら岐阜市内で出会うことは少ないので、
たとえ一株でも出会えるとうれしい。

秋晴れの日、鏡島弘法さんで「シュウメイギク」に出会えた。
それは、清楚で、美しく輝く白い花だった。

真ん中に黄色のおしべと薄緑のめしべがあって、いいアクセントになっている。
陽に照らされて鮮やかだ。

花びらの形は、同じ株でもいろいろだ。
そのいろいろあるところが面白い。

鏡島弘法さんの「シュウメイギク」は、白色でたった2株だったけど、
出会うことができて感謝。
弘法さんありがとう!

ちなみに名前にキクがつくが、アネモネの仲間だそうだ。







  


Posted by ふなチャン(Y)  at 17:04Comments(0)

2015年10月07日

岐阜市・ぎふメディアコスモスの「ホトトギス」(花35)

「ホトトギス」は、地味な花だ。
しかし、とても魅力的な花だ。

花は、白地に紫色の斑点がいっぱい付いている。
色が鮮やかではなく、あまり目立たない控えめな花だ。

ところが、近づいてよ~く見てみると実に面白い。
形がとても面白いのだ。
見る角度によって様々な姿を見せてくれる。

上から見た姿は形が整って美しい。
でも、横から見た姿はユニークなのだ。(男らしい?)

花の紫色の斑点が、花ごとに異なった美しい模様を作っている。
そして、紫色は味わい深い色だ。

岐阜の新名所「ぎふメディアコスモス(メディコス)」の西側に、
ホトトギスがたくさん植えてある。
ぜひ、近くに寄って、いろんな角度から見てほしい。









  


Posted by ふなチャン(Y)  at 17:43Comments(0)

2015年10月06日

岐阜市内 清和公園の「百日草」(花34)

百日草(ヒャクニチソウ)が元気だった。
通りがかった清和公園の隅っこに咲いていた。

花びらが幾重にも重なり、その先に小さな花をたくさんつけている。
花をよ~く見ると、鮮やかな黄色で美しい。
そして、なんとなくほんわかしている。

色は、主に赤やピンク系統である。
この公園のものは濃いピンクだが、
同じピンクでも濃い薄いが混じっている種類もあった。

百日草は、花の色や形がいろいろあって面白い。
絵になる花だ。







  


Posted by ふなチャン(Y)  at 19:13Comments(1)

2015年06月08日

岐阜市梶川町「妙照寺」の紫陽花 (花 33)

今、紫陽花が見頃です。
あちこちで美しい紫陽花が見られて、いい季節です。

アジサイは、漢字で「紫陽花」と書きます。
この花は、カタカナより漢字の方がいい感じがします。

紫陽花は、いろいろな色、形があり、咲く場所により異なる花を見ることができます。
そして、咲き始めから、咲いてからの色の移り変わりまで楽しめます。

特に、咲き始めが好きです。
まだ蕾が多いときが、初々しさを感じて好きです。

岐阜市梶川町の「妙照寺」で、紫陽花の写真を撮ってきました。
ここには30株くらいしかありませんが、数種類の紫陽花があります。
ちょうど見頃もあれば、咲き始めもあります。

静かな境内で、紫陽花をゆっくり眺めることができました。

このお寺には、松尾芭蕉が約1ヶ月滞在した部屋「芭蕉の間」が残っています。
江戸時代に、尾張藩主が鵜飼見物や金華山付近へ狩りに来た時の休憩場所の一つでもあります。
(部屋の拝観は、事前申込が必要です。)

芭蕉は、「やどりせむ あかざの杖に なる日まで」と詠み、境内に句碑があります。
住職己百らの心を込めたおもてなしに対し、
「庭にあったアカザが杖にできるまでゆっくり滞在したい。」という気持ちを表したものといわれます。

アカザは1年草で、秋には枯れてしまいますが、堅くて軽い茎が杖として使えます。
髭の生えた仙人が持つ杖は、アカザの杖だといわれます。

境内にアカザが植えてあります。
お寺の方に申し出れば、アカザの杖を見せていただけると思います。

また、お寺の土地は、竹中半兵衛の屋敷跡で、
「関ヶ原の戦い」の直前に、時の岐阜城主「織田秀信公(信長公の孫)」から寄進されたそうです。

歴史と花のお寺でした。









  


Posted by ふなチャン(Y)  at 18:08Comments(0)

2015年06月02日

岐阜市内「タイサンボク」の街路樹 (花 32)

タイサンボクは、好きな花の一つだ。
大きくて、美しい白色の花がいい。

漢字では、「泰山木」とか「大山木」とか「大盞木」と書く。
日本では、公園樹として植えられることが多いそうだ。

しかし、岐阜市では街路樹として植えられているところがある。
うれしいね。

場所は、「上佐波西1交差点」から「次木上吹交差点」までで、
道の両脇に植えられている。

花期は5~7月で、訪れた時には直径20~30cmの大きな白い花が咲いていた。
丸くて大きな蕾もあった。
花も蕾もどちらもいいね。

北米原産のモクレン科の常緑樹で、高さは20m以上になるそうだ。
街路樹のタイサンボクはまだ若いうえに剪定してあり、高さは4~6mくらいだった。

良い香りがするそうだが、花は高いところに咲いており、
訪れた時は風が強いこともあって、嗅ぐことができなかったのが残念だ。







  


Posted by ふなチャン(Y)  at 19:23Comments(0)

2015年05月08日

岐阜市忠節橋通りの「ベニバナトチノキ」 (花 31)

ローズピンクの花が咲いていた。
なんともいえない気になる色の花で、思わず足をとめた。

岐阜市忠節橋通りの千手堂交差点から北の両脇に、
「ベニバナトチノキ(紅花栃の木)」が街路樹として植えてある。

岐阜市内では、珍しい木だ。
花は、房になって、空に向って咲いている。

木はまだ若いが、街の風景ににマッチしていた。
もっと大きくなってほしい。

なお、ベニバナトチノキは、北米南部原産の「アメリカベニバナトチノキ」と、
ヨーロッパ原産の「セイヨウトチノキ(マロニエ)」の交雑種である。







  


Posted by ふなチャン(Y)  at 21:04Comments(0)

2015年05月08日

岐阜市「金華山」のツブラジイ (花 30)

岐阜市では、早くもツブラジイが見頃を迎え、
金華山がとても美しい。

今年は、GWあたりから咲き始めており、5月中旬までが見頃と思われる。

ツブラジイは、岐阜市の「市の木」である。
関東より西の地方と朝鮮半島南部に分布している。

岐阜市の金華山の名の由来はいくつかあるが、
ツブラジイなどのどんぐり類の花が咲いて、山が黄金色になることから付けられたという説もある。

黄金色の花が咲いたときが、金華山が一年で一番美しいときだ。
山のあちこちが、濃淡の黄金色で彩られている。
ツブラジイの周りの新緑も鮮やかな緑色で美しい。

岐阜市民として自慢したい風景である。
まだご覧になっていない方は、ぜひ観てほしい。

長さ8~10mmの球形の実(どんぐり)を付ける。
秋の金華山には、「どんぐり」がいっぱい落ちている。






  


Posted by ふなチャン(Y)  at 20:44Comments(0)

2015年05月08日

岐阜市のナンジャモンジャ (花 29)

ナンジャモンジャが見頃だ。
岐阜市内の3ヶ所で、雪が積もったように咲く花を見てきた。

ナンジャモンジャは、見慣れない樹木に付けられた名であり、
特定の木の名ではないが、ヒトツバタゴを指すことが多いそうだ。

昔、名前がわからない木なので、「何の木じゃ?」と言われているうちに、
「なんじゃもんじゃ」になったとか。

ヒトツバタゴ(和名)という名は、タゴ(トネリコ)という木が複葉なのに対して、
単葉なので「一葉タゴ」と名付けられたそうだ。

岐阜県東濃地方、愛知県、長野県、長崎県対馬市に自生しているが、
絶滅危惧類に指定されている。

岐阜県土岐市、長崎県対馬市では、「市の木」になっている。
中国、台湾、朝鮮半島にも分布している。

face02岐阜公園
「岐阜公園」では、金華山ロープウェー山麓駅近くに咲いていた。
樹高8m位が1本、それより低い木が2本ある。



face02金神社
「金神社」では、東側鳥居横に咲いていた。
樹高8m位が1本、若い木が1本ある。





face02本荘公園
「本荘公園」では、西南の用水沿いに咲いていた。
樹高6m位が1本ある。




今年は花の見頃が早く過ぎている。
見にいった時は、白い花が風に舞い、散り始めていた。
ナンジャモンジャをご覧になられる方は、お急ぎを。

PS
本荘中学にも1本、太い幹の立派なナンジャモンジャがある。  


Posted by ふなチャン(Y)  at 20:20Comments(0)

2015年04月30日

岐阜市の加納城跡「ツツジ」が見頃 (花 28)

加納城跡のツツジが見頃です。
大きな株があり、見ごたえがあります。

遠くから見ても良し、近くに寄って見ても良しです。
花を見る角度によっても、異なった美しさがあります。

花一輪もよ~く見ると、それぞれ個性があるので、
それを見て回るのも楽しいのです。

絵になる花をみつけて写真に撮っても、
うまく写るとは限らないのが残念です。

もっと腕を磨かねば。








  


Posted by ふなチャン(Y)  at 19:12Comments(0)

2015年04月16日

岐阜市「大龍寺」のドウダンツツジ (花 27)

「だるま観音大龍寺のドウダンツツジが見頃です。」と、
16日の中日新聞に載っていたので観にいってきました。

裏山に咲くドウダンツツジ(満天星)は、駐車場から見えました。
しかし、拝観料を支払って堂内からも眺めました。

庭園の苔がきれいで、山のドウダンツツジとマッチして、
素晴らしい眺めでした。

内庭にもドウダンツツジが咲いていました。
苔や配石&燈籠と一緒になっていい感じでした。

抹茶付で600円(拝観のみは300円)でしたが、
拝観料を支払っただけのことがある眺めでした。







  


Posted by ふなチャン(Y)  at 21:36Comments(0)

2015年04月16日

岐阜市「長良公園」のビオラ&チューリップ (花 26)

久しぶりに長良公園に立ち寄りました。
ビオラとチューリップの写真を撮ってきました。

ビオラの花は、終わりに近いって感じですが、
様々な色、様々な模様があってきれいでした。

チューリップの花も、盛りを少し過ぎたって感じですが、
きれいな花びらがありました。

この公園は、定期的に花壇の花を植え替えしていただけます。
花が咲く木も植えてあります。

季節の移り変わりごとに、いろんな花を見ることができ、
楽しみな公園です。








  


Posted by ふなチャン(Y)  at 21:13Comments(0)

2015年04月09日

岐阜市「大龍寺」のコバノミツバツツジ (花 25)

岐阜市粟野の「だるま観音大龍寺」へ行って、
「ドウダンツツジ」の咲き具合を確認してきました。

蕾が膨らんでいて、もうすぐ咲くぞって感じです。
見頃は来週以降かな。
美しい白い花の山を見るのが楽しみです。

ところで、お寺の東側の山が桃色に染まっていたのです。
このお寺にも「コバノミツバツツジ」があることに気がつきました。

桃色は濃い薄いがあって、とてもきれいでした。
思わぬ発見にうれしくなりました。







  


Posted by ふなチャン(Y)  at 22:04Comments(0)

2015年04月06日

岐阜市の「椿」と「水仙」 (花 24)

椿(つばき)と水仙(すいせん)がきれいでした。
今は岐阜市内でも、たくさんの花が見られて、うれしい季節です。

椿は、長森の「野一色公園」で出会いました。
木は、さほど大きくないのですが、刈り込みが見事で、
遠くからでも目を引く木でした。

見る角度により変わった形になり、どの角度もいいのです。

赤い花でした。
近づいて花を見ると、あまり見かけないちょっと変わった形でした。

まわりの花びらは大きいのですが、
真ん中は赤い小さな花びらが覆い、膨らんでいました。

椿の花は、いろんな形、いろんな色があり、
自分好みに出会えるとうれしいですね。

face02<椿>




水仙は、「水道山の展望台」で出会いました。
白色や黄色の清楚な水仙の花は、どれも好きです。

花は、大きなものから小さなものまでありますが、
それぞれの良さがありますね。

じっくり見ていると、心が落ち着きます。

face02<水仙>






  


Posted by ふなチャン(Y)  at 18:28Comments(0)

2015年01月04日

岐阜市三輪「真長寺」のサザンカ  (花 23)

サザンカが咲いています。

サザンカは、花が少ない冬に咲く貴重な花です。
色彩の少ない季節に、彩をもたらしてくれるアリガタ~イ花です。

あちこちに咲いていますが、
岐阜市三輪の真長寺のサザンカを紹介します。

三輪釈迦や名勝庭園で有名な真長寺ですが、
四季折々に咲く花も私たちを楽しませてくれます。

訪れた日は、きれいなサザンカが咲いていました。
そして、地面に落ちた花びらも風情があっていいんです。

出会えて良かった。
お手入れをされている真長寺の方々、ありがとう。







  


Posted by ふなチャン(Y)  at 15:01Comments(0)

2014年12月12日

岐阜市「三田洞弘法」の紅白の南天  (花 22)

岐阜市三田洞の三田洞弘法さん(法華寺)を訪れました。
境内は、縁日以外は人も少なく落ち着けます。

参道のモミジは落ち果て、
境内の大イチョウの葉も残り少なくなっていました。

しかし、境内では南天の実が見頃を迎えていました。
なんと実の色は赤と白です。

普通の南天の実は赤色ですが、
ここには珍しい白色もあったのです。

濃い緑色の葉なので、
太陽に照らされた実の美しさが際立ちます。

「初めて白い南天の実に出会えて良かった。」
と感謝です。



  


Posted by ふなチャン(Y)  at 17:07Comments(0)

2014年12月04日

岐阜市三輪「正蓮寺」のイチョウ黄葉 (花 21)

岐阜市三輪の正蓮寺に大イチョウがある。

以前は、もっと大きかったが、
枝が道路にかぶさるので、枝と幹を切ったそうだ。

小さくなったといっても、遠くからでもよく見える。
青空に、鮮やかな黄色の葉が浮き出てとても美しい。

訪れた日は、風が強かった2日間のあとで、
ずいぶんと葉が散ってしまっていた。

しかし、それでも見ごたえ十分の美しさだった。



  


Posted by ふなチャン(Y)  at 18:55Comments(0)

2014年11月17日

岐阜市「長良公園」の皇帝ダリア (花 20)

皇帝ダリアの季節になった。
美しい清楚な薄紫色の花が咲いている。
秋の終わりに咲いて、冬が近いことを知らせてくれる。

皇帝ダリアの花は、背が高く、近くだと見上げないといけないが、
遠くからでも咲いているのがわかる。
知らないうちに大きくなって、花が咲くと一気に存在を知らせる。

いつもと違うところで花を見つけると、
「こんなところにも植えてあったんか。」と思いうれしくなる。

たいていは、1~3株くらいを庭の隅に植えてあるのだが、
岐阜市の長良公園では10数株植えてある。

この公園は、季節により様々な花を見ることができてありがたい。
「手入れをされている方々、ありがとう。」





  


Posted by ふなチャン(Y)  at 12:31Comments(0)