2014年10月21日

マンホール 蓋で知らせる 町景色 (マンホール蓋 2)

日本の「マンホール蓋」文化は、本当に素晴らしい。
稀にある芸術的な美しいデザインもいいが、素朴なのも味があっていい。

私が行ったことのある外国は数少ないが、
今のところ、デザインされたマンホール蓋(manhole)は見たことがない。

日本では、ほとんどの町にデザインされたマンホール蓋があり、、
町の景色や特色を知らせてくれる。
いいね!

地面にあり、目立たない存在であるが、探して歩くのが楽しい。
特に、カラーのマンホール蓋を見つけたときは、喜びもアップする。

たまにだが、デザインされたマンホール蓋がない町があり、
そんなときはガッカリだ。

今回紹介するのは、岐阜県内の4つのマンホール蓋で、
町と図柄は次の通りです。

1 大垣市   水門川、花
2 関ヶ原町  兜、梅
3 安八町   花
4 羽島市   菊、川



  


Posted by ふなチャン(Y)  at 23:42Comments(0)マンホール蓋

2014年08月14日

岐阜市内 マンホールでも 鵜に会える (マンホール蓋 1)

岐阜市といえば、長良川の「鵜飼」だよね。
ご存知の方も多いと思うんやけど、
岐阜市内は陸でもあちこちで「鵜」に会えるんや。

今回は、その中でもマンホール蓋(manhole)の「鵜」を紹介するでね。
消防用水利と汚水用のマンホールや。

特に消防用水利の「鵜」は優れもんやて。
鵜は消防帽子を被り、ホースで放水し、消火中みたいなんや。
そして目がかわいく、やさしい顔しとる。
ええデザインやなぁ。

汚水マンホールの蓋は、鵜2羽が鮎を追いかけるデザインやけど、
微妙にええデザインやな。
カラーのはええんやけど、白黒のはあんまり鵜が活きておらずイマイチかな。

地面にはマンホールのほかにもいろんな蓋があるんで、
岐阜市内で出会った蓋の写真も載せたでね。





  


Posted by ふなチャン(Y)  at 19:45Comments(0)マンホール蓋