2015年02月28日

2015まる得トルコ10日間 其の6(アイワルク~パムッカレの車窓)

<トルコ旅行記 其の6> アイワルク~パムッカレの車窓
阪急交通社トラピックス 名古屋発ツアー
Ayvalik ~ Pamukkale

◆トルコの移動は、ほとんどバスです。
日本とは異なる風景や人々に異国を感じました。
いつもと違う風景を見るっていいね。

◆制限速度は、一般道路100キロ、高速道路120キロだそうです。
ドライバーは、ビュンビュン飛ばし、
目に入る景色は、どんどん変わっていきます。

◆車窓から見えるのは、都会の町、田舎の町、どの町にもあるモスク。
オリーブ畑、冬のためほとんど土の田園、冬のためほとんど枯木の果樹園。
山や海や川や湖などの自然、人々や車や電車や馬車などの乗り物。

◆あきらかに日本と異なる風景が多いのですが、似た風景もあります。
似た風景であっても、なにか違う、どこか違うんです。

◆車内から撮影した写真は、ほとんどピンボケでした。
良い写真もあったので、よりすぐりを紹介します。

・トラックに山積みのカリフラワー


・大都市イズミールの町(美人の町でもある)


・野菜を育てるハウス


・屋上に太陽光湯沸しが載っている集合住宅(戸建てでも載っている家がたくさんあった。)


・田舎の赤屋根の町


◆モスクは、ミナレット(尖塔)があるので、遠くからでもよくわかります。
ミナレットは、1本の所も2本の所もありました。

◆モスクの建物は、小さな所も大きな所もあり、
デザインも微妙に異なり、見飽きることがありません。

◆大きな町では高層ビルが建ち並び、雑然としていますが、
田舎町では平屋や2階建てが多く、素朴です。

◆枯木の果樹園は、ざくろ、桃、りんごなどで、あちこちにあります。
冬でも葉があるのはオレンジ。
果樹園や畑の隅には、シュッと伸びる白い幹のポプラが植えてありました。

◆たくさんいると紹介された羊や牛も見られました。
今回見た羊の群れは小規模でした。
もっと大規模な群れを想像していたので、「あれっ、こんだけ。」て感じです。

以上  


Posted by ふなチャン(Y)  at 18:21Comments(0)トルコ旅行記