2017年03月28日

愛知県知多郡美浜町<大御堂寺> 「岐阜城主織田信孝公墓所」&「源義朝公御廟所」 (武将のお墓参り18)

<岐阜城主のお墓参り> 2017年3月
織田信孝公と源義朝公と、二人の有名武将が眠る大御堂寺(通称:野間大坊)。
そして、信孝公自刃の地「安養院」を訪ねた。

★★face02①「大御堂寺(通称:野間大坊)」 愛知県知多郡美浜町野間東畠50 ☎0569-87-0050
◆境内入口に石柱が立ち「新四国第五十一番霊場尾州 鶴林山野間大坊」と刻まれている。


◆中央駐車場に大きな「野間大坊案内図」があり、諸堂などの配置がわかる。
境内は自由参拝なのでありがたい。


◆寺のしおりに沿革も載っており、概略は次の通り。
『天武天皇(673~86)の時代に始まり、聖武天皇(723~49)の時に行基菩薩が中興。
後に弘法大師が諸国行脚の際留錫された。

承暦年間(1077~81)に白河天皇の勅願寺として、大御堂寺と称せられた。
後に源頼朝公が亡父義朝公の菩提を弔うために建久元年(1190)に開運延命地蔵尊と
不動明王・毘沙門天を奉安され、七堂伽藍を造営。そして、秀吉公、家康公の庇護を受けて発展。』

◆まず本堂にお参りする。合掌。
現在の建物は、3度の火災等にあった後、
宝暦4年(1754)に鎌倉様式にのっとり再建されたもので、登録有形文化財である。


★本堂の右側(東側)に石垣で囲まれた「源義朝公御廟所」があり、
外側に立つ石柱に「贈内大臣正二位源義朝公御廟所」と刻んである。


◆御廟所の入口は小さな門だ。


◆源義朝公の墓碑は御廟所の中央にあり、立派な宝篋印塔であった。
周りに木太刀が奉納されており、墓碑の下の方は木太刀に埋もれている。合掌。


◆源義朝公御廟所の入口前に案内板があり、詳細に記されている。
『源義朝公の墓所 源義朝とは、鎌倉幕府を開いた源頼朝、平家を滅ぼした源義経の父である。

1160年(平治元年)の平治の乱で平清盛に敗れた源義朝公は本拠地である関東へ落ち延びる途中、
この地野間を治める家臣の長田忠到・景到親子の元に身を寄せた。

ところが長田親子は裏切りの企てをする。義朝公へ「どうぞ朝湯へお入りください。」と勧め、
入浴中の裸の義朝公を風呂場で切り付け命を奪った。

武芸の達人であった義朝公は「無念。我に小太刀の一本でもあればむざむざ討たれはせん。」と言って絶命した。
後の世の人々が義朝公の菩提を弔うため、そのお墓にお花の代わりに木太刀をお供えする習わしとなる。
いつしか、願いを叶える武将源義朝として、人々が願いをしたためた木太刀をお墓にうずたかく供えるようになった。』

★岐阜城主「織田信孝公」の墓碑は、その義朝公御廟所の一角にある。
御廟所内の右方端に信孝公の墓碑が立つ。傷んで傾いた五輪塔だった。合掌。


墓碑の前に案内板があり、次のように簡単に記されていた。簡単で、これだけ?って感じだ。
『織田信孝の墓 織田信孝は織田信長三男。本能寺の変で信長が討たれた後、
織田家の跡目争いで豊臣秀吉に敗れ、大御堂寺南ノ坊(現在の安養院)で自害する。』

★他に御廟所内には、「池禅尼の塚」がある。合掌。
池禅尼は、平清盛の継母であるが、源頼朝公の命を助けたお方である。


◆「鎌田政家公と妻の墓」もある。合掌。
政家公は源義朝公の腹心の家来。義朝公が長田親子に討たれる前日に、長田の息子の景到によって殺害された。
妻は夫政家の亡骸のそばで政家の短刀で喉を突いて自害。悲しい話だ。


◆本堂の左方に「平成26年度 野間小学校六年生児童」が制作した看板「野間ナビ」がある。
野間地区の歴史や灯台などの見所が載っている絵地図で、大変良くできている。


◆境内の見所として伏見桃山城の遺構である「客殿」がある。


客殿前の案内板に次のように記してある。
『秀吉公の晩年の居城「伏見桃山城」の一部を寛永年間(1624~43)に移築されたもの。
愛知県重要文化財指定。「源義朝公の絵解き」はここで聞くことができる。(要予約、有料)』

「源義朝公の絵解き」とは、寺のしおりによると、
『義朝公は京都六波羅の合戦で平氏に敗れ、この野間の地に落ちのびてきました。

ここで家臣の長田忠到・景到親子により謀殺される様子や
その後のことを実にリアルな描写と共にわかり易くお話しいたします。

この絵の作者は江戸初期の幕府御用絵師狩野探幽です。
名古屋城初代城主・徳川義直公の命により描きあげられました。』
いつか予約をして絵解きを聞いてみたいものだ。

★★face02②「安養院」
織田信孝公自刃の間がある安養院は、大御堂寺の南約100mに位置し、
大御堂寺から歩いて5分もかからない。

◆寺の前にある石柱には「新四国第五十三番霊場 安養院 織田三七郎信孝卿旧跡地」と刻まれていた。


◆石柱の隣りに案内板があり、次のように記してある。
『安養院沿革 当院は白河天皇勅建の大御堂寺一山の一院で南ノ坊と称し、江戸時代に安養院と改称。
明治になり。慈雲院、圓明院、龍松院を合併し現在に至る。

本尊は中心に阿弥陀如来、両脇侍に観世音菩薩、勢至菩薩を従えた阿弥陀三尊仏であり、この地で源義朝公と
共に無念の最後を遂げられた第一の郎党、鎌田政清の次政直が父の菩提を弔うための念持仏である。

降って天正十一年、織田信長公が三男、三七信孝公は、羽柴秀吉との跡目争いに破れ、
野間の地に敗走し当院にて自刃。遺恨のうちにその生涯を終えられた。』

◆境内に入ってすぐの右側にも案内板がある。
そこに「復元した信孝自刃の間」「自刃に用いた短刀」
「血染の軸(腸をつかみ出し投げつけた軸)」と書かれてあり、拝見したいと思った。


そこで寺の方に拝観できないか尋ねたが、非公開との返事で残念。
しかし、掛け軸と短刀が写った古い写真を見せていただけた。

◆本堂前で合掌。本堂前には、たくさんの赤い「南無地蔵願王尊」の幟がはためいていた。


以上


同じカテゴリー(武将のお墓参り)の記事画像
福井県越前町<剱神社> 織田信長公ゆかりの地
岐阜県山県市<南泉寺> 「美濃国守護第十代 土岐頼純公の墓所」 (武将のお墓参り32)
岐阜県山県市<慈明院> 「永井氏墓所」 (武将のお墓参り31)
岐阜県本巣市<照空寺> 「旗本文殊戸田氏歴代墓所」 (武将のお墓参り30)
岐阜県可児市<天龍寺> 「明智氏歴代之墓所」と「明智光秀公ご位牌」 (武将のお墓参り29)
岐阜県大野町<月真寺> 「旗本加藤平内の墓所」&「竹中重元公(竹中半兵衛の父)の墓所」 (武将のお墓参り28)
同じカテゴリー(武将のお墓参り)の記事
 福井県越前町<剱神社> 織田信長公ゆかりの地 (2017-12-08 17:49)
 岐阜県山県市<南泉寺> 「美濃国守護第十代 土岐頼純公の墓所」 (武将のお墓参り32) (2017-11-24 20:52)
 岐阜県山県市<慈明院> 「永井氏墓所」 (武将のお墓参り31) (2017-11-17 21:56)
 岐阜県本巣市<照空寺> 「旗本文殊戸田氏歴代墓所」 (武将のお墓参り30) (2017-11-16 22:07)
 岐阜県可児市<天龍寺> 「明智氏歴代之墓所」と「明智光秀公ご位牌」 (武将のお墓参り29) (2017-11-09 20:37)
 岐阜県大野町<月真寺> 「旗本加藤平内の墓所」&「竹中重元公(竹中半兵衛の父)の墓所」 (武将のお墓参り28) (2017-10-28 19:55)

Posted by ふなチャン(Y)  at 21:22 │Comments(0)武将のお墓参り

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。