2017年11月24日

岐阜県山県市<南泉寺> 「美濃国守護第十代 土岐頼純公の墓所」 (武将のお墓参り32)

<美濃国ゆかりの武将> 2017年11月

★南泉寺 岐阜県山県市大桑2358-2 (美濃国守護第十代 土岐頼純公の墓所) 境内自由


◆南泉寺の略歴
永正14年(1517)美濃国守護第九代「土岐政房公」が仁軸宗寿和尚を招いて、
土岐氏の菩提寺として開山された。

天文20年(1551)には土岐氏一族出身の快川紹喜和尚が住職となり、
禅宗寺院の中心として栄えた。

江戸時代には大愚和尚が春日局の葬儀・導師を勤め、
将軍より朱印状を得るなど重きをなしていた。

◆寺は南向きで、境内入口の右側に寺宝の案内板がある。
「土岐頼純公の肖像画」や土岐鷹の絵などの寺宝が記されている。


◆参道を進むと、どっしりとした総門がある。両脇に少し離れて筋塀がある。


◆総門の先に山門がある。境内には南天が植えられ、ちょうど赤い実がきれいだった。


◆山門を潜ると本堂がある。本堂右手の庫裏で女性に参拝を請い、本堂で参拝。


庫裏の土間には「七福神」の立派な彫刻があり、必見だ。しかし、寺宝は拝見できなかった。


◆本堂左手を奥に進むと、「南泉寺霊園」に突き当たる。
霊園の最上段(山腹)、大きな木が1本立っているところが、土岐氏一族の墓所である。



◆そこへ行くには、まず霊園の右端の舗装された小道を左に進む。
すると、すぐに山裾の竹林が脇に見える。


◆山裾の道は左に曲がり、坂道を上ると舗装がなくなる。
分かれ道があるが、左の道へ進む。


◆この崖沿いに進むと、右手に階段がある。


◆階段を上っていくと「仁軸和尚」の石碑があり、さらに上った所が土岐氏一族の墓所である。合掌


◆土岐氏一族墓所に入ってすぐ左手には、たくさんの五輪塔が並んでいる。


◆さらに上が「美濃国守護第十代 土岐頼純公」の墓所である。


木造廟の中に五輪塔の墓碑がある。


その左隣に小さな石造廟があり五輪塔が中にある。お寺の方に尋ねるも墓主名は不明であった。

◆土岐氏一族墓所に大きな五輪塔がある。


◆五輪塔の四隅に文字が刻まれている。
東は「美濃国守護職 土岐家累代総供養塔」と刻まれ、他の面に歴代守護名が刻まれている。


◆南は「初代定林寺殿 頼貞公、二代(判読不可) 頼遠公、三代建徳寺殿 頼康公、
四代法善寺殿 頼行公」と刻まれている。


◆西は「五代禅蔵寺殿 頼忠公、六代興善院殿 頼益公、七代承国寺殿 持益公、
八代瑞竜寺殿 成頼公」と刻まれている。


◆北は「九代承隆寺殿 政房公、十代南泉寺殿 頼純公、十一代東春院殿 頼芸公」と刻まれている。 


◆寺や墓所には、土岐氏についての案内が何もなく、残念だった。

以上


同じカテゴリー(武将のお墓参り)の記事画像
福井県越前町<剱神社> 織田信長公ゆかりの地
岐阜県山県市<慈明院> 「永井氏墓所」 (武将のお墓参り31)
岐阜県本巣市<照空寺> 「旗本文殊戸田氏歴代墓所」 (武将のお墓参り30)
岐阜県可児市<天龍寺> 「明智氏歴代之墓所」と「明智光秀公ご位牌」 (武将のお墓参り29)
岐阜県大野町<月真寺> 「旗本加藤平内の墓所」&「竹中重元公(竹中半兵衛の父)の墓所」 (武将のお墓参り28)
岐阜県大垣市<円通寺> 「大垣藩主戸田家廟所」 (武将のお墓参り27)
同じカテゴリー(武将のお墓参り)の記事
 福井県越前町<剱神社> 織田信長公ゆかりの地 (2017-12-08 17:49)
 岐阜県山県市<慈明院> 「永井氏墓所」 (武将のお墓参り31) (2017-11-17 21:56)
 岐阜県本巣市<照空寺> 「旗本文殊戸田氏歴代墓所」 (武将のお墓参り30) (2017-11-16 22:07)
 岐阜県可児市<天龍寺> 「明智氏歴代之墓所」と「明智光秀公ご位牌」 (武将のお墓参り29) (2017-11-09 20:37)
 岐阜県大野町<月真寺> 「旗本加藤平内の墓所」&「竹中重元公(竹中半兵衛の父)の墓所」 (武将のお墓参り28) (2017-10-28 19:55)
 岐阜県大垣市<円通寺> 「大垣藩主戸田家廟所」 (武将のお墓参り27) (2017-10-28 14:21)

Posted by ふなチャン(Y)  at 20:52 │Comments(0)武将のお墓参り

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。