2018年03月10日

岐阜市<瑞龍寺>「美濃国守護・土岐成頼公」「守護代・斎藤妙椿公」墓所 (武将のお墓参り33)

2018.3.10(土)
美濃国ゆかりの武将のお墓参り

★瑞龍寺★ 岐阜市寺町19
美濃国守護「土岐成頼公」と守護代「斎藤妙椿公」の墓所

◆瑞龍寺は、雲水の修行道場であり、通常は非公開である。
しかし、毎年3月に開催される「ぎふ梅まつり」に合わせて、2日間のみ一般公開される。

◆梅林公園へ続く殿町本通りに「金寶山瑞龍寺」の標柱が立ち、参道には松が植えてある。
◆山門の先が境内になっており、突き当りの本堂まで美しい松並木がつづき、両脇に塔頭が並ぶ。



◆突き当りの本堂には、「ぎふ梅まつり実行委員会」の方たちがいて、
「瑞龍寺拝観」のチラシをいただけた。


◆土岐氏家紋の「桔梗紋」が、屋根瓦や本堂内の釘隠しなどにも使われていた。


◆本堂前には梅の古木があり、赤い花を咲かせていた。


◆本堂に参拝、合掌。
ご本尊の両脇の間には、日展理事「土屋禮一画伯」作の障壁画「蒼龍」と「瑞龍」があり、必見だ。

◆さて、美濃国守護「土岐成頼」公と守護代「斎藤妙椿」公の墓所の公開は、
瑞龍寺一般公開と同日であり、年に2日間のみである。

◆本堂前の左側に高い生垣があり、立札「県指定史跡 土岐成頼の墓・斎藤妙椿の墓」がある。



◆カーブした道を進むと、広場(駐車場)に入る。
◆広場の左にたくさんの石造観音像などがあり、その右側に墓所への入口がある。


◆小さな門を潜り、木立の中の石段を上る。上った先が墓所だ。



◆墓所に看板があり、次にように記されている。
「岐阜県指定史跡 土岐成頼 斎藤妙椿墓 
土岐成頼は康生二年(一四五六)一五歳で、美濃国守護土岐持益の養子となり、
左京太夫美濃守となった。

応仁の乱では山名氏に従い、始終京都にあって西軍の有力武将として一一年間転戦した。
文明九年(一四七七)和平成立後、足利義視、義稙父子をともなって帰国した。
明応六年(一四九七)五六歳で病没し、ここに葬られた。 

斎藤妙椿は土岐家の守護代で、主君成頼が京都で転戦している間在国し支配権を確立し、
さらに近江、越前など近国にも勢力を拡大していった。

他方、歌人でもあった妙椿は文化人の保護者でもあり、美濃で連歌が華やかに行われた時代を築いた。
応仁元年(一四六七)頃、主君成頼のために瑞龍寺を建立した。
妙椿は文明一二年(一四八0)七十歳にて没しここに葬られた。」

◆墓所の左端が「土岐成頼公」墓所。四角く石柱で囲まれた中に、自然石の小さな墓碑があった。合掌。



◆左から2番目が、「斎藤妙椿公」墓所。同じく石柱で囲まれた中に、墓碑がある。合掌。



◆塔頭のひとつに「斎藤妙椿公」画像があるが、拝観ができず残念だ。

以上


同じカテゴリー(武将のお墓参り)の記事画像
岐阜県関市迫間<大雲寺> 旗本迫間大嶋家墓所 (武将のお墓参り 39)
岐阜県羽島市<願教寺> 稲葉山(岐阜)城主「斎藤龍興公」墓所その2 (武将のお墓参り38)
岐阜県恵那市岩村町<乗政寺城主墓地>岩村城主丹羽家廟所&松平家乗公廟所 (武将のお墓参り37)
岐阜県八百津町<大仙寺>和知城主「稲葉氏」墓所、豊後高田藩主「松平重直公」墓所 (武将のお墓参り36)
<東京都>加納藩主永井家墓所「本行寺」&「功運寺」 (武将のお墓参り 33)
福井県越前町<剱神社> 織田信長公ゆかりの地
同じカテゴリー(武将のお墓参り)の記事
 岐阜県関市迫間<大雲寺> 旗本迫間大嶋家墓所 (武将のお墓参り 39) (2018-07-23 22:35)
 岐阜県羽島市<願教寺> 稲葉山(岐阜)城主「斎藤龍興公」墓所その2 (武将のお墓参り38) (2018-07-16 20:02)
 岐阜県恵那市岩村町<乗政寺城主墓地>岩村城主丹羽家廟所&松平家乗公廟所 (武将のお墓参り37) (2018-06-09 19:53)
 岐阜県八百津町<大仙寺>和知城主「稲葉氏」墓所、豊後高田藩主「松平重直公」墓所 (武将のお墓参り36) (2018-05-13 22:07)
 <東京都>加納藩主永井家墓所「本行寺」&「功運寺」 (武将のお墓参り 33) (2018-02-15 13:34)
 福井県越前町<剱神社> 織田信長公ゆかりの地 (2017-12-08 17:49)

Posted by ふなチャン(Y)  at 22:29 │Comments(0)武将のお墓参り

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。