2018年04月08日

★イタリア旅行記★その12 「世界遺産ポンペイ遺跡」

旅行日2018.2.20-27 
阪急交通社トラピックス「★イタリア決定版8日間★」 中部国際空港発着
<6日目 2月25日の1> 「ローマのホテル」「世界遺産ポンペイ観光」 

★★ローマ
★「「シェラトン パルコ デ メディチ ローマ ホテル(3号棟)」
◆ローマの朝は晴れていた。


◆朝食は、ホテルのレストラン。今までで一番良かった。
メニューは、クロワッサン、ケーキ、ハム、チーズ、マフィン、ラスク、ジャム(瓶入り)など。
サラダもあって良かった。



◆フルーツは、生のパイナップル、メロン、ドライのクルミ、プルーン、アンズ、バナナなどもある。


◆本日は終日、自由行動である。
しかし、我々はオプショナルツアーで、「ポンペイ・ナポリ観光」と「カンツォーネディナーショー」の予定だ。

8:00出発、バスに乗車し、ポンペイに向かう。
ドライバーはロレンスさん、現地ガイドはシモーネさん。
シモーネさんは、日本留学の経験があり、日本語が上手な男性だ。

◆ポンペイまで約3時間。途中の休憩場所から見える山の姿がきれいだった。


★★★世界遺産ポンペイ
★ポンペイ遺跡
◆ポンペイは、79年に起きたヴェスヴィオ火山の大噴火により、約8mの火山灰に埋もれてしまった町。
現在も発掘が続けられている。
広大な遺跡群で、神殿、共同浴場、居酒屋、人々に至るまで、当時の文化や生活が残されている。  

◆ポンペイに到着し、バスを降りて少し歩く。天気はくもりだ。
遺跡への途中にレストラン・バーがある。店先にレモンやオレンジを吊り下げてあった。


◆ポンペイ遺跡に入場ゲートから入る。現地ガイド・フランコさんが加わった。
フランコさんは日本語が話せないので、付き添いするだけだ。説明はシモーネさんが行う。

◆入場ゲートの先に遺跡が広がっている。
遺跡の端は、元は海に面していたと説明があった。堀のようになっている。


◆海沿いの遺跡は、港だったところだそうだ。


◆ポンペイは城壁で囲まれ、坂道の途中にマリーナ門がある。道は、石畳になっている。



◆道は真中が馬車道で、両脇が歩道だ。馬車道が雨に浸かった時に渡れるように、飛び石がある。



◆遺跡内には、所々に大理石の円柱が立っている。神殿らしい。






◆モニュメントもある。



◆後方の山はヴェスヴィオ火山だ。


◆遺跡の建物は、レンガを積んで造ってある。積み方はいろいろあって、美しい模様となっている。



◆脇道は狭い。



◆大きな道には、水槽も置いてある。大理石でできている。



◆路上の石に「男性のシンボル」。男の遊ぶところへの矢印だそうだ。


◆入口の石を見ると、扉があったことがわかる。


◆狭い家が連なっている区域もある。


◆道路沿いの壁にある蛇のフレスコ画。ポンペイの赤と言われる塗料で描かれている。


◆売春宿のフレスコ画。怪しい絵だ。


◆美しいレンガ積み。


◆水道管は鉛でできていた。この水を飲んだ人々は健康を害したそうだ。


◆フレスコ画が、所々に残る。


◆床のタイル画も一部に残る。イノシシや番犬などのタイル画があった。



◆レンガの色や模様がいいね。







◆商売屋の看板。



◆訪れた時は、観光客はさほど多くなかった。たまに団体客に出会った。



◆フォロの浴場(共同浴場跡)の入口付近。


◆入口上のレンガが美しい。


◆浴場内部。浴場への通路。


◆内部にフレスコ画もある。


◆浴室。天井や壁は、彫像で飾られている。





◆大理石の湯船もある。


◆天井に、明り取りの穴が開いている。


◆遺跡全体は、赤いレンガが印象的だ。



◆居酒屋だったところ。大理石の台がカウンターとか調理台だったとか。



◆「かまど」らしい。


◆壁のレンガ。色の濃いのから薄いのまで使ってあり美しい。


◆パン屋のパン焼き用のかまどが残る。
手前の石臼は小麦粉を挽くためのもので、二千年程前の物だそうだ。
石臼に触れることができる。日本ではありえない。



◆壁や門は、レンガで様々な模様が作られている。




◆発掘された遺跡の部材は、復元を待っているものもある。


◆この場所は、レンガの上には漆喰が塗られていたとわかる。



◆高い壁が残る場所もある。


◆ここは立派な家で、レンガの柱や壁のフレスコ画も残っていた。床のタイルも美しい。






◆見学に十分に時間をとっていただき、大変良かった。見応え十分の遺跡だった。
シモーネさんの案内も主な見所をスムーズにまわり、説明もわかりやすく、大変良かった。感謝。

★ポンペイ(昼食)
◆ポンペイ遺跡近くのバスを停めたレストランで、少し遅めの昼食をいただいた。
飲み物は、ワインを注文。飲みやすくて美味しかった。


◆料理は、シーフードサラダ。


◆定番のパン。


◆ボンゴレ(パスタ)、美味しかった。


◆エビとイカのグリル、サラダ添え。これも美味しい。


◆デザートは、ジェラート。カップ入りなのが残念。


◆後で、ローマ自由行動の人に「ローマは雨だった」と聞き、ポンペイは降られなくてラッキーだった。
大満足のポンペイ観光だった。

つづく


同じカテゴリー(イタリア旅行記)の記事画像
★イタリア旅行記★その13 「ナポリ車窓見学」「カンツォーネディナーショー」「帰国」
★イタリア旅行記★その11  「世界遺産バチカン市国」「世界遺産ローマ歴史地区」「ローマ宿泊」
★イタリア旅行記★その10 「絶景チビィタ・ディ・パニョレージョ」
★イタリア旅行記★その9  「世界遺産ピサのドゥオモ広場観光」「フィレンツェ」
★イタリア旅行記★その8 「世界遺産フィレンツェ歴史地区観光」2
★イタリア旅行記★その7 「世界遺産フィレンツェ歴史地区観光」1
同じカテゴリー(イタリア旅行記)の記事
 ★イタリア旅行記★その13 「ナポリ車窓見学」「カンツォーネディナーショー」「帰国」 (2018-04-11 13:44)
 ★イタリア旅行記★その11  「世界遺産バチカン市国」「世界遺産ローマ歴史地区」「ローマ宿泊」 (2018-04-06 21:11)
 ★イタリア旅行記★その10 「絶景チビィタ・ディ・パニョレージョ」 (2018-03-31 21:09)
 ★イタリア旅行記★その9  「世界遺産ピサのドゥオモ広場観光」「フィレンツェ」 (2018-03-21 20:35)
 ★イタリア旅行記★その8 「世界遺産フィレンツェ歴史地区観光」2 (2018-03-20 19:29)
 ★イタリア旅行記★その7 「世界遺産フィレンツェ歴史地区観光」1 (2018-03-19 20:52)

Posted by ふなチャン(Y)  at 20:45 │Comments(0)イタリア旅行記

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。