2019年02月10日

ブログ最終回◆ポルトガル旅行記 その12 「リスボン観光(後半)」&「帰国」

≪ポルトガル旅行記 その12≫ 
ポルトガルに興味がある方に、参考になるように作ったブログです。
お役にたてば幸いです。(今回で最終回)


<6日目 2019年1月13日(日曜日)-2/2>
「リスボン観光(後半)」(発見のモニュメント、昼食、フリータイム、夕食)

★★リスボン
◆発見のモニュメント
・「発見のモニュメント」は、ベレン地区にある。
これは、1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念し、
大航海時代に活躍したメンバー33名を称えるために作られたそうだ。


モニュメントはテージョ川岸にあって、船をモチーフにしている。
乗船しているのは、先頭がエンリケ航海王子だ。
3人目にバスコ・ダ・ガマ(インド航路を開拓)、5人目にマゼラン(初の世界一周)がいる。


・さらに、後ろから2人目が、
皆さんご存知のフランシスコ・ザビエル(日本でもキリスト教を布教)である。


・反対側の後ろから2人目の跪いている方が、航海の無事を祈るエンリケ航海王子の母である。
両面合わせて、女性はこの方だけである。



・近くの地面に世界地図があり、ポルトガルに発見された年号が書かれている。
日本は1541年で、ポルトガル船が豊後に漂着した年だそうだ。


◆昼食
・バスでリスボン市中心部へ移動し、昼食となる。
リベルダーデ通りでバスを下車し、徒歩でレストランに向かう。

リベルダーデ通りでは、骨董市が開かれており、様々な物を売っていた。
売っているものに興味があったが、横目に見ながらレストランに向かった。



・坂道を上り、5分くらいでレストラン「フォーノ ベルホ」に着く。


・ここのパンは数種類あった。いつも1種類だけだったので良かった。


・茶色の器に入ったサラダスープ、バカリャウ(棒鱈)のリゾット、
デザートはサラーダ・デ・フルータ(フルーツのシロップ和え)だった。美味しかった。





◆フリータイム(自由散策)
・バスでレウタウラドーレス広場前に行き、下車後はフリータイムの観光となる。

観光後にホテルまで戻る方法は二通り。
各自で戻るか、下車したところに午後4時に集合してバスで戻るか選択することなる。
自分たちで戻るには困難なので、バスで戻ることにした。

下車したのは午後2時近くなので、2時間弱バイシャ地区周辺を観光した。
12番の市電乗り場まで添乗員さんが案内してくれるというので、ついて行った。

・途中に泊まってみたいレトロないい感じのホテルがあった。


・派手な缶詰専門店が何軒かあった。缶詰のデザインが美しく、種類も豊富だ。
自分の生まれた年が書いてある缶詰を買った人もいた。


・ここにも焼き栗の露店がある。


・市電乗り場で、かわいい電車たちを見かける。


・12番線の市電に乗車した。
切符は、世界遺産ジェロニモス修道院近くのキオスクで、ガイドさんの支援で買っておいた。
始発なのに満員だ。
サン・ジョルジェ城の周りを1周した。狭い道を電車が通り、すぐ脇を人が歩いていた。


・市電下車後は解散、歩行者天国のアウグスタ大通りを歩いた。
中央にイスが並べられ、食事や寛いでいる人がいる。いろんな店が並んでいる。





また、いろんな路上パフォーマンスをする人たちがいた。楽しいね。



・大通りの突き当りには、凱旋門のような「勝利のアーチ」がある。



・町のあちらこちらに土産物店がある。きれいなパッケージの缶詰もたくさん売っている。


・コルク製品もたくさん売っている。鍋敷きも何種類かあり、お土産に2個買った。
ダメ元で、身振り手振りと簡単英語で値引き交渉をしたら、割引していただけた。やってみるもんだね。


・ロシオ広場には噴水があり、初代ブラジル国王となったドン・ペドロ4世の像が立っている。
奥には、ドナ・マリア2世国立劇場の立派な建物が見える。


・周辺の建物や店を見て歩くのも楽しい。



・ロシオ駅は、レトロな造りだ。半分は足場があり、シートが被さっており、少し残念だった。
中に入り、エスカレーターで3階まで上がると、列車のホームがある。終着駅なのだとわかる。



ホームと反対側に行き、テラスに出ると、茶色と白色の美しい町が眺められる。



・レウタウラドーレス広場前に戻り、広場の反対側を見ると、ハードロックカフェがあった。


◆夕食
・バスでホテルに戻り、身体を休めると共に、荷作りの準備をした。

・バスでリスボン市内のレストラン「ア バレンシア」へ向かった。
レストラン近くでバスを下車し、少し歩く。道沿いの壁に見事な落書きがあった。
落書きは、文字がほとんどだが、たまに素晴らしい絵もあった。


・レストラン横には、持ち帰りスペースもあり、多くの客がいた。
炭火で焼くチキンが人気の店だそうだ。


・今までの店は、パンに塗るのはバターしかなかったが、この店はイワシペーストもあった。


・野菜スープ、ダックライス(鴨肉)、デザートはパイナップルのシロップ漬だった。美味しかった。




◆VIP エグゼクティブ・アーツ(ホテル・3泊目)
・ホテルに戻ると、フロントで翌朝用の朝食セットが配られた。
中味は、ハムサンド、ジュース、ヨーグルト、リンゴ1個、カップケーキだ。


<7日目 2019年1月14日(月曜日)> 
ポルトガル「リスボン」出発~ドイツ「フランクフルト」乗継

★★リスボン
◆VIP エグゼクティブ・アーツ(ホテル)
・3泊したホテルをチェックアウトし、バスに乗車。予定通り午前3時に出発した。眠い!

◆専用バス
・添乗員さんから案内があった。

空港に着いたら、預かっていたeチケットと搭乗券を皆さんに渡す。
チェックインカウンターに並び、受付を済ませたら、次は手荷物検査。
その前に、昨夜配ったジュースやヨーグルトは食べておいてください。

4時過ぎにリスボン空港内の免税店がオープンする予定。コーヒーショップも開く。

明日は、フランクフルト空港の手荷物検査職員がストライキをする。
そのため、振替で今日の便に変更する人が多いので、
リスボン空港やフランクフルト空港は混んでいると思う。

帰国日は朝到着して眠いと思うが、夜まで眠らないほうが良い。
その方が早く時差を解消できる。

★★リスボン空港
・バスは10分くらいで空港に到着。
添乗員さんの案内で、チェックインカウンターに並び、受付とスーツケース預けを済ませた。



手荷物検査はゆっくりで、厳しく、時間がかかった。

・免税店は、4時になり灯りは点くがオープンせず。
しばらくして、やっとオープン。のんびりしている。

搭乗ゲートNO.が4:10に表示されるとボードに出ていたが、5分遅れで表示された。
空港内に動く歩道はない。搭乗ゲートは10分弱歩いた端っこだった。思ったより遠かった。

◆飛行機
・5:05発ルフトハンザ航空(LH)1173便に登場。フランクフルトまで約3時間5分のフライトだ。
機内では、朝食とドリンクのサービスがあった。CAの笑顔の対応がいい。

★★フランクフルト空港(乗継)
・9:10頃着。雨だった。広い空港には、飛行機がいっぱい停まっている。
ほとんどがルフトハンザ航空機だ。


着陸後、機体を空港ビルに接続するかと思ったが、そうではなかった。
駐機スペースに止まり、迎えのバスを待った。
着陸後30分くらして、やっとバスが来たが、なかなか全員は乗れなかった。
雨の中、タラップを降りて、バスまで走った。

空港ビルに着いて、出国審査を受ける。
その後は待ち時間約4時間30分もあり、解散して空港内のフリータイム。

ゲートの変更はよくあるそうで、ボードで確認してから搭乗ゲートに向かわないといけない。
搭乗ゲートはボードになかなか表示されなかった。

空港内は割と涼しく、眠れるところは少ない。楽なイスも少しあるが、先客がいた。
免税店などを見て時間を過ごした。
コーヒーショップで、ドイツ名物のプレッツェルをいただいた。塩味がきつかった。


搭乗ゲートは、出発時間の1時間前くらいにやっとで表示された。


◆飛行機
・13:45発ルフトハンザ航空(LH)1736便に搭乗。
中部国際空港まで約11時間35分のフライトだ。

・夕食はチキンとレモンライスにした。


<8日目 2019年1月15日(火曜日)> 
日本帰国「中部国際空港」到着

・翌朝、朝食も出た。行きと同じく、機内では余り眠れなかった。


★★中部国際空港
・9:20頃、無事に帰国。
疲れて眠いが、楽しい旅の思い出がたくさんできて良かった。皆さんに感謝だ。
機会があれば、再びポルトガルを訪れたい。

おしまい

追伸
ブログ事務局から、「平成31年3月末でみのっちブログを閉鎖する」との連絡があり、
これを機にブログを卒業することにしました。
今まで読んでいただいた方々、ありがとうございました。


同じカテゴリー(ポルトガル旅行記)の記事画像
◆ポルトガル旅行記 その11 「リスボン観光(前半)」
◆ポルトガル旅行記 その10 「シントラ観光」&「ロカ岬」&「ファドディナーショー」
◆ポルトガル旅行記 その9 「オビドス観光」
◆ポルトガル旅行記 その8 「トマール観光」&「リスボン宿泊」
◆ポルトガル旅行記 その7 「世界遺産コインブラ観光」
◆ポルトガル旅行記 その6 「ヴィゼウ」
同じカテゴリー(ポルトガル旅行記)の記事
 ◆ポルトガル旅行記 その11 「リスボン観光(前半)」 (2019-02-09 22:07)
 ◆ポルトガル旅行記 その10 「シントラ観光」&「ロカ岬」&「ファドディナーショー」 (2019-02-06 16:10)
 ◆ポルトガル旅行記 その9 「オビドス観光」 (2019-02-03 20:40)
 ◆ポルトガル旅行記 その8 「トマール観光」&「リスボン宿泊」 (2019-02-01 20:27)
 ◆ポルトガル旅行記 その7 「世界遺産コインブラ観光」 (2019-01-31 20:27)
 ◆ポルトガル旅行記 その6 「ヴィゼウ」 (2019-01-30 20:43)

Posted by ふなチャン(Y)  at 21:24 │Comments(0)ポルトガル旅行記

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。